熱を加えてもだめ!?食中毒が起こりやすい食べ物&お弁当の工夫

ウレぴあ総研

熱を加えてもだめ!?食中毒が起こりやすい食べ物&お弁当の工夫ウレぴあ総研

新年度が始まり、お子さんのお弁当作りが始まったママさんも多くいらっしゃいます。まだ4月あたりは大丈夫なものの、暑くなってくると、心配なのが食中毒。

冷凍しておけば、火を入れれば・・・と思いますが、それでも食中毒は起こります。お子さんが楽しみにしているお弁当で食中毒が起こるなんて嫌ですよね。今回は、これからの時期気をつけたい食中毒になりやすい食べ物について、管理栄養士の筆者がご紹介します。

熱に強い菌には要注意!

「食中毒にならないよう、十分に熱を入れましょう」という言葉をよく目にすることから、「熱を加えれば大丈夫」と思っている方も多いようです。

しかし、食中毒菌の中には熱を加えても死滅しない、熱に強い菌がいます。代表的な2つの菌をご紹介します。

1:セレウス菌

セレウス菌

自然界の土の中やほこり、水の中など自然界に存在する菌ですが、食品の中にも発生する菌。毒性があり、100°Cで1時間加熱しても、さらには消毒薬をかけても死滅しない食中毒菌がセレウス菌。特に25〜30度くらいの室温では毒素を発生しやすい環境となります。

体内に入ってから30分から半日かけて体の中で潜伏し、その後吐き気や嘔吐、腹痛や下痢が起こります。

セレウス菌要注意の食品

このセレウス菌が繁殖しやすいのがチャーハン、オムライス、パエリア、ドライカレ−、スパゲティーなど主食となる混ぜ料理。

小腹が空いた時のお子さんの間食に・・・と作り置きをしておくのもやめましょう。

セレウス菌予防策

主食となる穀類や麺類は、調理したら8度以下に保存するか、55度以上で保存することで、セレウス菌の繁殖を極力抑えることができます。

保存時間が長ければ長いほど、菌が繁殖する機会を与えてしまうので、調理後は早めに食べるようにしましょう。どれもお子さんが好きな料理ですが食中毒になりやすいので、夏の時期はお弁当には避けたいですね。

2:ウエルシュ菌

ウエルシュ菌とは?

人の腸管や自然界に多く存在するウエルシュ菌。熱に強く、さらに酸素を嫌う菌です。食品の多くは内部に酸素が無く、ウエルシュ菌が育ちやすい環境となります。

この菌も毒性があり、45度くらいの温度で増殖します。さらに、100度で数時間熱を加えても死滅しない菌。体内に入ってから10時間くらいで腹痛や下痢が起こります。

ウエルシュ菌要注意の食品

カレー、シチュー、ロ−ストビ−フ、ロ−ルキャベツなど、肉、魚、野菜を使った煮込み料理でウエルシュ菌は繁殖しやすくなります。

これらは煮込で寝かせると美味しいと言われる料理で、数日前や前日から調理することも多いですよね。

調理してお鍋のままコンロに置いて、次の日また加熱して・・・という料理をしていれば、ウエルシュ菌はどんどんと繁殖されていきます。

ウエルシュ菌予防策

できれば前日調理は避けましょう。寝かせて作る場合は、そのまま室内で放置せずに粗熱が取れたら一度冷蔵庫で保管する方がいいですね。

また、大量に作って保管する場合は、小分けに分けて急速冷凍をすると安心です。

調理後は10°C以下にするか、55°C以上を保って保管するようにしましょう。

食中毒予防のためのお弁当

可愛くデコったおかずや可愛いお弁当箱がありますが、食中毒予防のためにはおかずの内容や、お弁当の機能性を重視しましょう。

食材

食材は水分が少ないものにし、シソや梅干し、酢や塩を使った調理をすることで、食品がもつ殺菌作用により、食中毒予防ができます。

仕切り

水分は食中毒菌を繁殖させてしまいます。特に水分が出やすい料理は使い捨てやシリコンのカップを使ったり、別のタッパーに入れたりして工夫するといいですね。すでに仕切られているお弁当箱だと、安心です。

保冷機能

お弁当箱の上蓋に保冷剤を入れられるものがあり、お弁当が温まりすぎず、食中毒予防の1つとなります。

保冷剤入れがない場合は、テープや輪ゴムで、お弁当の上に保冷剤をのせるのもいいですね。お弁当入れを保冷バックにするのもお勧めです。

ただ、保冷剤の多くは2時間ほどで切れてしまうので、幼稚園や保育園、学校など室内であれば、冷蔵庫や冷暗所に保管しましょう。

ピクニックや遠足の際は炎天下にさらされることもあります。その際は、食中毒になりやすい食品は避け、保冷をしっかりしましょう。

まとめ

食中毒は誰でも起こるものですが、乳幼児や高齢者、さらには疲労やストレスが溜まった人は抵抗力が低く、特に食中毒が起こりやすくなります。

多くの食中毒菌は熱に弱いため、加熱をして、出来上がったら早めに食べきることが予防策になります。ただ、今回のように熱に強い食中毒菌もいるので、繁殖を抑える工夫をすることも大切です。

お子さんの安全のために是非、参考にしてください。


このニュースの関連情報
ケチャップライスはNG!? 梅雨の「お弁当」づくりで注意したい食中毒対策
「ご飯だよ〜」と言ったら、本当に早く食べて! 危険な「食卓」の食中毒予防法
なんか臭う…とならないために! 「残りもの」の正しい保管・再調理方法
【時短】散らかった部屋が一気にスッキリ! 忙しいママにおすすめ「5ステップ収納術」
家計管理の達人が教える! ズボラでも続けられる「お金の管理」テクニック3選

都道府県からえらぶ

都道府県名をクリックすると、各地域の「食」にまつわるニュースをご覧になれます

北海道/東北
関東/甲信越
東海/北陸
関西
中国/四国
九州/沖縄

gooグルメ&料理の飲食店さがしサービス一覧

gooグルメ&料理のレシピさがし・ほかサービス一覧

飲食店アクセスランキング

集計期間 2017年05月15日~21日

6位~10位はこちら

レシピアクセスランキング

集計期間 2017年05月15日~21日

6位~10位はこちら

ビール・ビアガーデン特集

おすすめ特集
焼肉・ホルモン特集

焼肉・ホルモン特集

お得なクーポン付きの焼肉特集。上質な極上肉、味も満足の食べ放題、スタミナ…

ランチバイキング

ランチバイキング

ランチでお得に味わうホテルの本格ブッフェ、旬のスイーツ満載の食べ放題が…


パンケーキレシピ

パンケーキレシピ

おうちで、あの人気カフェのふわふわパンケーキを再現!?絶品♪幸せのパン…

グルメ&料理について
gooサービス
賃貸   中古車   転職   マネー   辞書